読むなら書け!

国語塾、国語専門塾 鈴木国語研究所

鈴木国語研究所は、国語、現代文の読解記述・小論文の指導を中心とする国語塾、国語専門塾です。

論理的な精密読解・精密記述の現場トレーニングにより、確かな読解力・記述力をつけます。

鈴木国語研究所トップページへ 
 スマホ用ホームページへ  


 突然ですが、
2017年6月23日から教室を移転しました。


 新教室の住所
 〒169-0075
 東京都新宿区高田馬場1-26-12
 高田馬場ビル404号室
 ℡03-6278-9648 Fax03-6278-9649 
 電話番号案内の番号は間違っています。ご注意ください。
 
 案内図です。


 言葉による案内です。
 山手線・西武新宿線で来られる場合
 
① JR山手線 高田馬場駅 早稲田口に出ます。
 
  西武新宿線 高田馬場駅 早稲田口に出ます。
  
    *いずれも新宿寄りの出口には出ないでください。
 
② 駅前のロータリと早稲田通りの間の横断歩道を渡ります。 
 
③ 早稲田通り沿いの二つ目のビルの4404号室です。
 
  *一つ目のビルには「メガネドラック」の看板があります。
    三菱東京
UFJ銀行のATMがあります。  
   *二つ目のビルの
1回には「吉野家」「天麩羅」「松屋」などがあります。
 
  *このビルの側面に入口があります。  
   *
4階へは、エレベーターでも階段でも上れます。
 
  *4階に上ったら早稲田通り方向に廊下を進み、左手に折れてください。

 
地下鉄東西線で来られる場合
 ① 地下鉄東西線
高田馬場駅 5番出口に出ます。
 
  *三菱東京UFJATMがあります。
 
② 5番出口のあるビルの次のビル404号室です。
   *早稲田通り沿いです。  
   *次のビルには「吉野家」「天麩羅」「松屋」などがあります。
  
   
*このビルの側面に入口があります。


授業を無料で体験できます。最近、セキュリティ・ソフトの設定レベルが高いために、体験・講習申込フォームへの返信メールが、迷惑メールとして処理され、お目にとまらないという事態ががしばしば生じております。1日以上返信メールが届かないような場合には、迷惑メールフォルダーやspamフォルダーもご確認ください。携帯メールの場合には特にご注意ください。また、開封確認メッセージの送信にもご協力ください。携帯電話でこちらからの返信を受ける場合には特にご注意ください。返信が1日以上届かない場合にはお問い合わせください。
℡/Fax 03-3366-5543

算数は佐々木ゼミナールを推薦します。


国語はどうして点数が取れないのだろう? どんな風に勉強すればよいのだろう?

鈴木国語研究所はそんな疑問・悩みに答える国語塾、国語専門塾、国語教室です。

 
↓以下の文章を読んでみてください。↓ これを読むだけでも、かなりすっきりすると思いますよ。



「国語」「現代文」という科目はあります。国語の先生もいます。授業の上手な先生、授業の面白い先生もたくさんいます。

でも、そんな国語の授業を受けていても、肝心のあなた自身は、少し難しい文章になると、意味を読み取ることができません。

まして、小論文なんて何を書いたらいいのか分かりません。テストの点数や偏差値も良くなりません。

英語や数学は自分で勉強しても伸びるのに、なぜ国語だけ伸びないのだろう。

いったい国語は、何をどんな風に勉強すればよいのだろう…??? 

こんな疑問・悩みを持っている受験生はたくさんいると思います。


そこで、「どうすれば国語が伸びるのですか?」と、どこかの先生に質問すると、

「読書をしなさい」とか、「新聞を読みなさい」とか、「日記を書きなさい」とか、「語彙を増やしなさい」とか、

「センスがないと難しいでしょうね」などというような答が返ってきます。


では、読書をしたり新聞を読んだりすれば、あるいは日記を書いたり、言葉を覚えたりすれば、国語力が本当につくのでしょうか? 

それとも、「自分には国語のセンスはないのだ」とあきらめるべきなのでしょうか?


まず、このように世の中で一般に言われていることは本当に正しいのか、自分の目で見て、自分の頭で考えてみましょう。

私はこんな通俗観念などまったく信じていません。国語力はつきます。センスや才能などいうものはほとんど関係ないでしょう。


手短に言えば、受験の国語力は、読解力と記述力です。

読解とは言葉にされた論理を解釈するということであり、記述とは論理を言葉にして表現するということです。

ですから、この両者は論理というものを本質にもちます。

そこで、この論理を言葉を通して使えるようにトレーニング゙すれば読解力や記述力はつくはずです。

しかし、これを正面から取り上げ教室でトレーニング゙しようとする試みは見かけません。

ここで、注意していただきたいのは、「トレーニング」をするということです。

国語は「論理だ」と主張する人は珍しくはないわけですが、生徒を観客の立場において華麗なる論理の展開を披露してみても、生徒自身の力にはなりません。

読解力・記述力・小論文作成能力を生徒につけさせるためには、授業の現場で、生徒に対し、そのような力をつけるためのトレーニングをさせることが必要であるということになります。

では、それはどんな方法なのか?

これは企業秘密ですから、詳しくは書けませんが、「書く」という手と脳の作業を核心に持ちます。

鈴木国語は、一つ一つの文章の徹底的な論理分析を、記述方式の作業を通して行います。

これを正確に丁寧にすることによって、初めて分析的な読解力を身につけることができるのです。

この分析作業を身につけさせるために「書く」という手と脳の作業をさせるのです。

分析力の鋭さは、分析結果の総合へと容易につながります。分析を前提とする総合力が、小論文の記述力です。

この小論文型の記述力をつけることで、エッセイ型の作文力も鋭いものとなります。

分析と総合の循環を何度も繰り返すことで、読解力と記述力は上昇のスパイラルを獲得します。

これが 「読むなら書け!」ということです。

すなわち、記述方式の演習を通して、文章分析力即ち読解力と小論文作成能力・作文能力を飛躍的に高めるのです。


ですから、鈴木国語研究所は「読むなら書け」を指導方針としているわけです。

もちろん、教材、授業内容、トレーニングの仕方など、授業の全過程において周到な準備と適切な工夫が必要なことは言うまでもありません。

鈴木国語研究所は、このプロセスをもっとも効率的で、効果の高いものとなるように研究しているので「研究所」と称しているわけです。

生徒の皆さんは無料で授業を丸ごと体験できますから、どんな形態・方法の授業であるのかを、どうぞ体験してみてください。

以上に関係する詳しいQ&Aです。ぜひ読んでみてください。
ちなみに…
学校や塾には、宿題というものがほとんど本質的な要素のように存在しますが、授業の現場で生徒にトレーニングをさせるという方法をとれば、宿題などほとんど必要ないはずです。特に読解力・記述力・小論文作成能力をつけようとする場合、宿題は不必要であるばかりか、有害ですらあると、経験上言えます。生徒は宿題に十分に対応する能力がない(トップ校合格者も多く含みます)ために、宿題をやり散らかしたり、無意味な徒労に終始したりすることになるからです。

授業の現場でトレーニングをするというと、ディスカッションやディベートのような授業を想像されえる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ディスカッションやディベートによっては、読解力・記述力や小論文作成能力はつかないと言えるでしょう。読解力・記述力や小論文作成能力をつけるということは、精密な論理のトレーニングを言語を使って行うということであり、真のディスカッションやディベートをするための前提となるものであっても、ディスカッションやディベートの結果つくというものではないのです。数学の問題を解く技術を身につけるために、特にディスカッションやディベートは必要ないのと似ているとも言えます。読解力・記述力や小論文作成能力を身につけるためには、論理的に文章の内容を読み解き、論理に解答を記述し、三段論法により自己の結論を導くというトレーニングを繰り返し、その作業を精密化していくことが必要なのです。そういう静かで集中した形のトレーニングをすべきなのです。

読解力・記述力・小論文作成能力をつけるために、新聞を読んだり、読書をしたりすることが役に立つことは言うまでもありません。しかし、漫然と新聞を読んだり、読書をしたりするだけで、読解力・記述力・小論文作成能力がつくわけではありません。新聞でも読書でも、論理的に精密に読み、論理的に精密に記述するなど、精読の方法をとって初めて読解力・記述力・小論文作成能力をつけるために役立つのです。いまだに「国語力をつけるにはどうしたら良いのでしょうか?」「天○人○を読みなさい。」というようなやり取りが、普通に行われているのはなぜでしょうか?真の国語力とはそのような誤った社会観念を疑い鋭く批判する論理性であると私は信じています。これは受験の国語であっても変わりません。

これらの点に関しては、鈴木国語研究所の他のページでも詳しく書いていますから、どうぞ御覧下さい。
基本方針
1.塾は、一人の熱意ある教師による現場主義、演習中心主義の授業を原則としなければならない。これが塾の原点である。塾教師はマニュアルロボットのファーストフード店の店員ではない。指導要領に縛られた学校教師でもない。臨機応変の創造的な授業をすべきである。                   
2.記述方式の演習を通して文章の論理的分析を徹底的に行い、これによって読解力・記述力を高める。これが「読むなら、書け!」ということである。ここでは、一つ一つの文章について、どのように読み、どのように記述するのかの方法を、根本から、具体的に、生徒が実感できる形で示す。ただ単に読書をすればよいとか、ただ書けばよいなどという指導は詐欺に等しい。              
3.授業の現場での集中した演習をとおして実際に考えさせ、実際に覚えさせる。故に宿題は漢字のみ。宿題を大量に出し、形式的チェックをするなどという無用有害なことは絶対にしない。                                              
4.集中した集団授業こそが個人の集中力を高め、その時その場で考え、その時その場で身につける集中力を鍛える。故に、安易・無用な個人指導や通信教育は絶対にしない。  
受験は、理性を持って冷静に取り組めば、それほど難しいものではありません。受験が大変に見えるのは、パニックになって、精神と体力をすり減らすからです。
受験産業は「恐怖商売」です。特にお母様方をあおりまくって、強迫観念のとりこにします。あなたは大丈夫ですか…?理性を保っていますか?
大切なのは、自分で勉強する態度を身につけることです。そして、じっくりしっかり理解した上で、練習を繰り返して定着を図ることです。
この点をサポートしてこそ本当の塾といえるのではないですか?


授業を無料で体験できます。

最近、セキュリティ・ソフトの設定レベルが高いために、体験・講習申込フォームへの返信メールが、迷惑メールとして処理され、お目にとまらないという事態ががしばしば生じております。1日以上返信メールが届かないような場合には、迷惑メールフォルダーやspamフォルダーもご確認ください。携帯メールの場合には特にご注意ください。また、開封確認メッセージの送信にもご協力ください。携帯電話でこちらからの返信を受ける場合には特にご注意ください。返信が1日以上届かない場合にはお問い合わせください。
℡/Fax 03-3366-5543


国語専門塾、国語塾、国語教室・鈴木国語研究所国語、現代文読解記述指導、小論文指導



鈴木国語研究所には下の表のような授業があります。

鈴木国語研究所は、中学受験と大学受験を目的とする国語塾、国語専門塾、国語教室です。

鈴木国語研究所は、高校受験にも十二分に対応できます。ただし、高校受験自体を目的とはしていません。

鈴木国語研究所は、 中学受験のための国語の読解力、記述力の養成、および、大学受験のための現代文の読解力、記述力、小論文作成能力の養成を目的とします。

鈴木国語研究所の授業は不死身の塾長が全部担当します。でも、死んだらごめんなさい。

小学生通常授業 通常授業の基本授業料
月額26000円(税込)
月4回 1回3時間) 



講習授業料 
通常授業料よりも
低額に設定します。

授業料規定

授業日程
中学生通常授業
6年生国語読解記述講座 中学生国語読解記述講座
月曜コース 5時~9時(30分休) 土曜コース pm6時~9時
水曜コース 5時~9時(30分休) 日曜コース pm5時30分~8時30分
土曜午前コース am8時30分~12時
秋~志望校過去問指導(無料) 高校生・高卒生通常授業
秋~志望校過去問指導(無料) 大学受験現代文・小論文講座
火曜日pm6時~9時
金曜日pm6時~9時
5年生国語読解記述講座 大学受験英語上級講座 木曜日pm5時30分~8時30分
日曜午前コース am9時~12時 大学受験古文講座 土曜日pm2時30分~5時30分
日曜日午後コース pm2時~5時
       
シーズン特訓(講習)  春・夏・冬
上記通常授業に対応する授業
歴史・時事問題特別授業 夏期講習、および、冬期講習
に予定。
漢字2018問大マラソン 2018年元旦に予定

国語専門塾、国語塾、国語教室鈴木国語研究所・国語・現代文読解記述・小論文指導

鈴木国語研究所
 新教室の住所
 〒169-0075
 東京都新宿区高田馬場1-26-12
 高田馬場ビル404号室
 7月4日から ℡03-6278-9648 Fax03-6278-9649 に変わります。
 7月3日(4日)までは℡03-3366-5543 Fax 03-3366-5615です。



その他
事務受付 正午~4時半
 7月4日から ℡03-6278-9648 Fax03-6278-9649 に変わります。
 7月3日(4日)までは℡03-3366-5543 Fax 03-3366-5615です。℡/Fax 03-3366-5543
http://www.s-kokugo.com 
http://国語塾.com
http://www.kokugo.tv
ホームページは携帯でも見られます。下のQRコードで鈴木国語のHPアドレスなどを読み込んでみてください。

               


国語専門塾、国語塾、国語教室、鈴木国語研究所、国語、現代文読解記述、小論文指導


ae鈴木国語研究所トップページへ    ・スマホ用ホームページへ 
            

〒169-0075
新教室の住所
 〒169-0075
 東京都新宿区高田馬場1-26-12
 高田馬場ビル404号室
 7月4日から ℡03-6278-9648 Fax03-6278-9649 に変わります。
 7月3日(4日)までは℡03-3366-5543 Fax 03-3366-5615です。

1993年高田馬場に設立
Copyright (C) 2007 Suzuki-Kokugo-Kenkyuzyo. All rights reserved.

国語専門塾、国語教室、国語塾、読解記述塾、鈴木国語研究所・鈴木国語塾・鈴木国語教室・鈴木読解記述